植物由来の成分が豊富な育毛剤が増えている

育毛剤に入っている成分は、商品によって大きな違いがありますが、最近では様々な薬用効果が認められている植物由来の成分が豊富に配合されているものが目立ちます。例えば、頭皮の炎症の改善を促したり、抜け毛を押さえたりする成分を中心とした商品については、値段が高いものも少なくありませんが、様々な種類の薄毛の悩みを持つ男性から支持が集まっています。また、医薬品として販売されている育毛剤には、植物成分の他に、ミノキシジルなどの発毛に直接関係する成分が入っているものが多くあります。そこで、自宅でケアを始めるうえで、日頃から自分自身の薄毛のタイプや予算などに応じて、長く続けやすい育毛剤を選んでみると良いでしょう。

医師が処方する育毛剤には発毛成分が多く含まれている

クリニックの医師が処方する育毛剤は、薬局や通販などで販売されているものよりも、医学的に高い効果が期待できる発毛成分が多く含まれているものがあります。そのため、市販品を使っても納得のいく効果が実感できなかった場合には、やや費用が高くなりますが、美容皮膚科の名医のいるクリニックで外用薬の処方をしてもらうと良いでしょう。最近では、副作用や後遺症のリスクが少ない育毛剤を処方しているクリニックの数も増加しており、アレルギー体質の人や持病のある人も無理なくヘアケアができる環境が整いつつあります。なお、発毛効果の程度は、育毛剤の配合成分の種類だけでなく、配合量にも大きく左右されるため、担当医に詳しい説明を受けることが大切です。